人によってはデメリットが無くなる秋葉原の非正規iPhone修理店

iPhone修理

壊れやすい箇所のiPhone修理

故障が起こりやすい箇所となるのは、ホームボタンやスリープボタンとなります。なぜなら、普段通りに使うことで自然とボタンに触れる機会が増えるので、iPhone修理ではボタンの修理が多くを占めているからです。また、iPhoneでは殆どの操作を画面上で行うので、これらのボタンは本体の外側にある数少ないパーツにもなります。
そして、ボタンは可動式なので使うことによって、水分やホコリが入り込みやすい構造でもあります。つまり、ホームボタンとスリープボタンは操作感が向上している代わりに故障や不具合が起こりやすいです。何より、ホームボタンとスリープボタンの故障の原因はホコリと湿気になります。
iPhoneを表面から見ると単純な仕組みであっても、ボタンの裏側は精密な構造になっています。なので、ボタンの裏側に少しでも湿気やホコリがボタンの隙間から入ることで、不具合を起こすことがあります。しかも、不具合によって完全に反応しなくならずに、中途半端に使える状態となります。よって、何度か押したり強く押したりすれば動くので、iPhoneを修理に出すタイミングを見逃しやすいとされます。壊れやすい箇所となるiPhoneのホームボタンとスリープボタンは、中途半端に使用できる状態が修理に出すかどうかを躊躇させるパーツでもあります。

お知らせ

水没したiPhoneを修理に出す前にチェック

精密機器となるiPhoneは、水没することで作動しなくなったりデータが消えることがあります。とはいえ、iPhone…

iPhone故障の修理は何が多いか

iPhoneが壊れて修理に出す人は多いですが、どのようなiPhoneの故障が多いかご存知でしょうか。iPhoneの…

壊れやすい箇所のiPhone修理

故障が起こりやすい箇所となるのは、ホームボタンやスリープボタンとなります。なぜなら、普段通りに使うことで自然とボタ…

iPhoneを修理に出すときの注意点について

液晶が割れてしまったり、電源が入らなくなってしまうというトラブルでiPhoneを修理に出す人は多くいます。修理に出…