人によってはデメリットが無くなる秋葉原の非正規iPhone修理店

iPhone修理

水没したiPhoneを修理に出す前にチェック

精密機器となるiPhoneは、水没することで作動しなくなったりデータが消えることがあります。とはいえ、iPhoneが水没しても修理に出す前に応急処置をすることで、修理で復旧できる可能性が高まります。また、水没してもiPhoneの電源がつくのであれば、万が一に備えてデータのバックアップを取るのがお勧めになります。なぜなら、水没したiPhoneを使っている最中に、いきなり画面が反応しなくなったり、データが飛んだりする可能性があるからです。iPhoneが水没した際の応急処置として、iPhoneのケースやカバーをつけているなら水分を飛ばすために外すことになります。けれども、保護フィルムまで剥がす必要はなく、あくまでiPhone本体に付着した水分を飛ばすのが目的となります。そして、iPhoneの表面を拭いて乾燥させることになりますが、iPhone側面の凹凸部分も拭き取る必要が出てきます。また、乾燥させる際はドライヤーのように熱を発する機械でiPhoneを乾燥させると、熱によって基盤が故障するので逆効果となります。他にも、水分を飛ばすためにiPhone本体を振るのもお勧めされていません。なぜなら、振ることで中の水分が拡散して故障するからです。
iPhoneが水没した際は、修理に出す前に本体に付着した水分を飛ばすことで修理によって復旧できる可能性を高めることが可能となります。

お知らせ

水没したiPhoneを修理に出す前にチェック

精密機器となるiPhoneは、水没することで作動しなくなったりデータが消えることがあります。とはいえ、iPhone…

iPhone故障の修理は何が多いか

iPhoneが壊れて修理に出す人は多いですが、どのようなiPhoneの故障が多いかご存知でしょうか。iPhoneの…

壊れやすい箇所のiPhone修理

故障が起こりやすい箇所となるのは、ホームボタンやスリープボタンとなります。なぜなら、普段通りに使うことで自然とボタ…

iPhoneを修理に出すときの注意点について

液晶が割れてしまったり、電源が入らなくなってしまうというトラブルでiPhoneを修理に出す人は多くいます。修理に出…